TOEIC攻略パート7だ

TOEICの中で一番厄介なパートにもなってくるのがこのパート7だ。
パート7は読解問題であり、全部で48問である。
資料が1つの問題の28問と2つの問題の20問から成り立っている。
なぜこのパート7がとても厄介なのかというと、単純に時間が足りなくなるからだ。
しかしTOEICで高得点を目指すには問題を解き切るのが重要なパートでもある。
このセクションでは、広告や新聞などの記事を読み取り答えを探す問題である。

パート7攻略

パート7では今までのセクションで時間を稼ぎ、その時間をどう費やすことができるかで点数に大きく影響が出てくるだろう。
ここで時間が足りなくなってしまう人はどう足掻いても時間切れになってしまう。
さらなる点数を取るためにはTOEIC自体に慣れる必要が出てくるだろう。
ある程度の点数を取ることができる人ならば何とか解くことができる。
さて攻略方法だが、まず問題に取り掛かるのならば、2つの問題から成り立っている20問を優先して解くのがポイントだ。
一見一つの問題のみの方が解きやすい様に見えるが、問題が散りばめられており答えを探すのが難しくなる。
その割に2つの問題の方が英文は長く見えるが答えを簡単に探すことができるようになっているのだ。
もう一つの方法は点数があまり取ることができない人にオススメの方法である。
答えだと確信した問題はすぐに解き次の問題へ進もう。
その答えが引っ掛け問題かもしれないと言うリスクはあるが時間が限られている為とにかく問題を解くことに集中をしなければならない。
考えて迷っている余裕などはないのだ。
切り捨てるべき問題も考える必要がある。
特にNOT問題などは問題の内容からすべて当てはまるかどうかを確認しなければ答えを見つけることが出来ないため非常に時間が掛かる。
高得点を狙わないのであれば切り捨ててしまっても構わないだろう。